【飲んで遊んで騒いでいた大学生がたった三ヶ月月収20万を超えた方法】

カレーが好きです。コピーライティングを学んでいます。バイトを辞めてライターやってます/明治経営2年/EXILE/バンクーバーでホームステイしたり、ソウルにサッカー遠征したり、フィリピンで道作ったりしてきました/毎月20人の経営者や大学生に会ってお話聞かせてもらってます/明治大学第一志望限定「MTM塾」立ち上げ/【caféい教師】運営

【シュートを打てよ、馬鹿者】

f:id:suzuki_shogo:20170228203114j:plain

あなたはシュートを
打てていますか?


スーパースターの
バイエルンぶっ倒しました。
2-1です。


みんなサッカーゲームとか
当たり前のようにやっているけど


すごいですよね。

f:id:suzuki_shogo:20170228203146j:plain


昔はサッカーなんて、
22人集めなきゃできなかったのに
今は1人でもできるんですよね。


そんなことは置いておいて、
僕はこの試合に勝ちました。


内容は終始押されていましたが、
なんとか得点が相手を上回り、
勝利の味わいを噛みしめることが
できました!


終始押されていたって、
いいんです。


大事なことは、
結果にこだわること
少ないチャンスをものに
たくさんのシュートをします。


シュートの中から、
たまたまうまくいったものが
相手のネット揺らし、
あなたの得点となります。


あなたは日頃からシュートを
打てていますか?


あなたが決めるべきところで、
パスしてしまっていませんか?


僕は、大事なところで、
いつもシュートをするように
心がけています。


どんなシュートでもいい。
打たなきゃ得点につながる
可能性はゼロになります。

f:id:suzuki_shogo:20170228203225j:plain


大切なのはより多くの
可能性を作ること。


来たるチャンスは
全てシュートをして下さい。


その中で一回でもゴールに入り、
相手のゴール数よりも、
たった一回だけでも上回れば、


勝利はあなたのものです。


最近は目の前に
シュートを打てる機会があっても
パスする人が多い気がします。


シュートってなんのためにあるんだ?


僕は打つためにあると思います。

 

次にあなたの前に、
ボールか転がってきたら、
パスではなく、シュートを打つ。


そんな機会にしたいですね。


まずは 、
「明日こそはシュートを打つぞ」


これを強く思って、
この記事を読み終えて下さい。


最後までお付き合い、
ありがとうございました!


今日も明日もシーユーアゲイン
鈴木祥悟でした。


p.s.みんなウイイレやろうよ🙆