読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【学生が学生のまま社会に出る時代は終わりました】

カレーが好きです。コピーライティングを学んでいます。バイトを辞めてライターやってます/明治経営2年/EXILE/バンクーバーでホームステイしたり、ソウルにサッカー遠征したり、フィリピンで道作ったりしてきました/毎月20人の経営者や大学生に会ってお話聞かせてもらってます/明治大学第一志望限定「MTM塾」立ち上げ/【caféい教師】運営

【あなたの周りは雑魚ばっか?】

 

あなたは変わりたいと思ったことが、ありますか?
 
 f:id:suzuki_shogo:20170124233929j:plain
ありますよね?
悔しかった時、
悲しかった時、
何かを失った時、
つまらないとき...
 
 
 
僕もたくさんありました。
サッカーの試合で負けた時、
模試の成績が「E」判定だった時、
大学で単位を落とした時、
サークルに飽きた時、
大学で得るものがないと思った時...
 
 
そんな時あなたは、
あなた自身だけで変われることができますか?
 
 
もし、そうであるなら
この記事は読まなくてもいいです。
 
 
あなた一人で変われないと
思った時だけこの先を読んでください。
 
 
これから話すのは、
「優れた環境」のお話です。
 
 
このことを知るとあなたは、
これから自分で変わたいと思った時に、
良い方向に変われることができます。
 
 
逆にこの記事を読まないと、
あなたは変わりたいと思った時に
踏み出すことができずに、また、
変わりたいと思っただけで
終わってしまいます。
 
 
そしてまたその繰り返し...
 
 
 
まずは、ワークです。
 
 
あなたの周りにすごいと
思える人を10人あげられますか?
 
 
あなたが一年かけて努力をしても
追いつけないような人を10人あげてください。
 
 
どんなジャンルの人でもいいです。
 
 
あなたはあげられましたか?
 
 
もしあげられなかったとしたら、
環境を変えましょう。
 
 
あなたのその環境はあなたが
成長できる環境ではないです。
 
 
そんなところにいたら、
あなたはあなた自身の可能性を
自分で否定してしまうことになります。
とても勿体無いですよね。
 
 
ちなみに僕は半年前まで10人を
あげられませんでしたが、今はあげられます。
 
 
それでは宿題を出します。
 
 
今から、どうやったら、
その10人を手に入れられることが
できるか考えてみてください。
 
 
僕は、そう考えた時に、
ツイッターFacebook
凄そうな人にメッセージを送ってみました。
 
 
そうして直接教えてもらいました。
結果的にそれは自分自身の成長の
一番の近道であったと私は思っています。
 
 
 
 
鈴木祥悟