【飲んで遊んで騒いでいた大学生がたった三ヶ月月収20万を超えた方法】

カレーが好きです。コピーライティングを学んでいます。バイトを辞めてライターやってます/明治経営2年/EXILE/バンクーバーでホームステイしたり、ソウルにサッカー遠征したり、フィリピンで道作ったりしてきました/毎月20人の経営者や大学生に会ってお話聞かせてもらってます/明治大学第一志望限定「MTM塾」立ち上げ/【caféい教師】運営

【JKと会って来ました】

 

12月24日は、クリスマス講義ということで
生徒と一対一で勉強会をして来ました。

f:id:suzuki_shogo:20170124235313j:plain

 

 

 

明治大学法学部を目指している、
女の子です。

 

 

わざわざ山梨県から
バスで来てくれました。

とても嬉しい!

 

 

いつもは遠いので、
ラインで教えてるのですが、

 

 

今回は冬休みということもあり
直接指導して来ました。

 

f:id:suzuki_shogo:20170124235320j:plain

 

明治大学法学部の英語の過去問を
やってもらったんですけど、
今回初めて、時間内に解き終わり、
いつもより点数が良かったです。

 

 

その成功要因はなにか?
と聞いてみたところ、僕に見られて
緊張感が生まれ、試験中に寝ることが
できなかったからだそうです。

 

 

いつも緊張感持ってやれよ!
と言っておきました。笑

 

 

でもこのようなことみなさんも

ないですか?

 

 

例えば、
大学生の皆さんは、
課題のレポートが出された時に
やっている途中に寝てしまう...

 

 

こんなことありませんか?

 

 

そんな時は緊張感を
持ってみましょう!

自分に罰ゲームを
課してみるといいですよ!

 

 

例えば、
あと30分で
1,000文字に到達しなかったら、

 

 

【今日は、最寄駅の一個手前で降りて

そこから歩いて帰る】

そのくらいでいいですね。

 

 

この冬の寒い中、
なかなか歩きたくない、
かつ、タイムリミットを設けることで
緊張感も生まれ。

 

 

いつもよりレポートがはかどるかも
しれません。

 

 

 

とりあえず、今日は、1つ
やらなきゃいけないことに
イムリミットを課してみましょう!

 

 

長文読んで頂き、
ありがとうございました!

 

f:id:suzuki_shogo:20170124235316j:plain

 

今日も明日もシーユーアゲイン

鈴木祥悟でした。

 

 

【あなたのカレーとは?】

お昼ご飯を食べて来ましたー!

 

 

安定の学食

明大カレー大盛り、
スーパー美味しい。

週3ペースで食べてます?

 

 

しかも300円やっすい。

サラダとセットで400円やっすい

 

f:id:suzuki_shogo:20170124235011j:plain

【あなたも今日から塾長】

【塾長一応やってます】

僕が七月から面倒を見ていた、
生徒が第一志望に合格できました。

f:id:suzuki_shogo:20170124234127j:plain


 
公募推薦で倍率は4倍くらいだったので、
合格できるか不安でしたが...
  
 
第一志望に合格できて何よりです。
 
 
将来は、数学科の先生になりたいと言っていたので、大学時代を有益なものとして素敵な先生になっていただきたいです。
 
 
合格おめでとうございました。
 
今後のますますの活躍を願っています。
 
鈴木祥悟

【あなたの周りは雑魚ばっか?】

 

あなたは変わりたいと思ったことが、ありますか?
 
 f:id:suzuki_shogo:20170124233929j:plain
ありますよね?
悔しかった時、
悲しかった時、
何かを失った時、
つまらないとき...
 
 
 
僕もたくさんありました。
サッカーの試合で負けた時、
模試の成績が「E」判定だった時、
大学で単位を落とした時、
サークルに飽きた時、
大学で得るものがないと思った時...
 
 
そんな時あなたは、
あなた自身だけで変われることができますか?
 
 
もし、そうであるなら
この記事は読まなくてもいいです。
 
 
あなた一人で変われないと
思った時だけこの先を読んでください。
 
 
これから話すのは、
「優れた環境」のお話です。
 
 
このことを知るとあなたは、
これから自分で変わたいと思った時に、
良い方向に変われることができます。
 
 
逆にこの記事を読まないと、
あなたは変わりたいと思った時に
踏み出すことができずに、また、
変わりたいと思っただけで
終わってしまいます。
 
 
そしてまたその繰り返し...
 
 
 
まずは、ワークです。
 
 
あなたの周りにすごいと
思える人を10人あげられますか?
 
 
あなたが一年かけて努力をしても
追いつけないような人を10人あげてください。
 
 
どんなジャンルの人でもいいです。
 
 
あなたはあげられましたか?
 
 
もしあげられなかったとしたら、
環境を変えましょう。
 
 
あなたのその環境はあなたが
成長できる環境ではないです。
 
 
そんなところにいたら、
あなたはあなた自身の可能性を
自分で否定してしまうことになります。
とても勿体無いですよね。
 
 
ちなみに僕は半年前まで10人を
あげられませんでしたが、今はあげられます。
 
 
それでは宿題を出します。
 
 
今から、どうやったら、
その10人を手に入れられることが
できるか考えてみてください。
 
 
僕は、そう考えた時に、
ツイッターFacebook
凄そうな人にメッセージを送ってみました。
 
 
そうして直接教えてもらいました。
結果的にそれは自分自身の成長の
一番の近道であったと私は思っています。
 
 
 
 
鈴木祥悟

【あなたは誰のために頑張っていますか?】

これは昨日ですが、
生徒から嬉しい報告。

f:id:suzuki_shogo:20170124233616j:plain

 

できるようになった報告を
受けたのですが、

 

 

何よりも嬉しいのが
僕のおかげだと
言ってくれたことです。

 

 

やっぱり、自分は
自分が成功するよりも
人を成功させられるような人に
なりたいと改めて思えました。

 

 

僕の生徒は明治大学第一志望
の子しか集めてないので、

 

 

全員明治大学合格
してくれたら嬉しいです。

 

 

今日も一日頑張ります。

 

 

 

今日も明日もシーユーアゲイン

鈴木祥悟でした。

 

 

【上の人が引き上げてくれるって何?】

 

ビジネスをしていると

私がここまでなれたのは上の人が
引き上げてくれたからですって
よく聞くんですけど、

f:id:suzuki_shogo:20161221184038j:plain


 
それの意味、本当に
わかっていますか...
 
 
少なくとも知りませんでした。
私も昨日まで笑
 
 
 
昨日学びがあったので
ここで共有しておきますね
 

f:id:suzuki_shogo:20161221184040j:plain


 
これを読むことであなたは
本当の【引き上げる】の意味を
知ることができます。
 
 
 
逆に読まないと、
あなたは上の人から
【引き上げて】もらうことは
できません。
 
  
 
一生の今のポジションから
上の先輩を見上げるだけになります。
 
 
 
せっかく頑張っているのに
ただただあなた以外の
同期だけが上に行ったら
あなたは悔しいですよね
 
 
 
今から【引き上げる】の
本当の意味とその方法について
お話しします。
 
 
 
一番簡単に
【引き上げられる方法】は
頼まれごとを
確実にこなすことです。
 

f:id:suzuki_shogo:20161221184027p:plain


 

実は、頼まれ事というものは
すごくチャンスが隠れています。
   
   
 
基本的に、
人はあいつになら
任せれるということを  
思えないと人に頼むということは
しません。
 
 
「頼まれごと」というものは
すごくチャンスなんです。
 

f:id:suzuki_shogo:20161221184034j:plain


 
 
試されていると思った方が
イイかもしれません。
 
 
 
最初は小さなことかも
しれませんが、
 
 
 
上の人から任せられたそれを
こなしていくことで、
次第に大きな仕事を任せて
もらえるようになります。

 

 

 

 

それを繰り返していくことで
だんだんとその人と一緒に仕事が
できるようになっていきます。
 
  
 
そうしていつのまにか
上の人に【引き上げてもらえた】
ということになります。
 


 
頼まれごとは、難易度高いとか
思うかもしれませんが、
そんなことないですよ。
 
 


基本的に人は、
あいつになら任せられるということを  
思えないと人に頼むということは
しません。
  

f:id:suzuki_shogo:20161221184045j:plain


 


その仕事は
あなたにはできないと思うかも
しれませんが、きっとできます。
 
  


それを先輩や上の人は
あなた以上に、
わかってくれていますよ。

 
 


それでは明日は先輩に、
あなたから何か、
「自分手伝えることはありますか?」
と聞いてみましょう。
 
 
  
頼まれ事をもらう、
第一歩です。  
  
 
それでは最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
  


写真は明大カレー
クリスマスバージョンです。

f:id:suzuki_shogo:20161221183603j:plain


可愛いですよね笑

 

 

鈴木祥悟

【2:3:5で勝つ】

セミナー講師させて頂きました✌️

f:id:suzuki_shogo:20161221190159j:plain

今回のお話しさせて頂いた内容は
【2:3:5】でした。

 

 

この数字あなたはご存知ですか?

この数字はあなたが、
頑張れる時の仲間の
進度の割合です。

f:id:suzuki_shogo:20161221190347j:plain

 

2:3:5の

2は、先輩
自分より進んでいる人や
自分に教えてくれる人の数です。

 

 

3は、同期
自分と進度が同じくらいの仲間です。

 

 

5は、後輩
自分より少し遅れている人や
自分が教えている人数です。

 

 

この先輩、同期、後輩が
2:3:5や割合でいることが
大切なのです✌️

 

 

ただ、先輩から学んでいるだけでは
なにもできません。

 

 

同期と競い合い、
お互い切磋琢磨しあい、

 

 

それだけでなく、
後輩にアウトプットし、
学んだ知識を確立していく

f:id:suzuki_shogo:20161221192126j:plain

 

 

その一連の流れが
大切なのです。

 

 

成功する人間は
必ずと言ってもいいほど、
この2:3:5がうまく出来上がっています。

 

 

一般的にいろんな人に

お話を伺ってみると、

 

 

5の後輩がいないことが多いです。

 

 

あなたもなにかやられているのであれば、
この2:3:5を意識して作ってみることを
お勧めします。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

鈴木祥悟