読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【学生が学生のまま社会に出る時代は終わりました】

カレーが好きです。コピーライティングを学んでいます。バイトを辞めてライターやってます/明治経営2年/EXILE/バンクーバーでホームステイしたり、ソウルにサッカー遠征したり、フィリピンで道作ったりしてきました/毎月20人の経営者や大学生に会ってお話聞かせてもらってます/明治大学第一志望限定「MTM塾」立ち上げ/【caféい教師】運営

アフィリエイト 実験

 

 

http://directlink.jp/tracking/af/1477137/SjDLuuUB/

 

f:id:suzuki_shogo:20170419021820j:plain

【コミュ力、どうやって鍛える?】

最近、

物を売ることによって
コミュ力を高められると
思ったので、シェアします。

 

 

例えば、

この女の子は将来は、
イタリアの日本大使館
働きたいと言っていました。

f:id:suzuki_shogo:20170408023548j:plain

 

なんでも小さい頃に、
上手にコミュニケーションを
取ってくれた大使館のお姉さんに、
憧れているのだとか、

 

 

とても素敵ですね🙆

ただ、
そこで疑問が上がりました。

 

 

コミュニケーションってなに?

どうやって鍛えればいいの?

どうやってコミュ力を鍛えたら、
理想のお姉さんに近づけるの?

って感じです。

 

 

 

さぁ、
あなたはどうやったら

上手なコミュニケーションを
取れることができるように
なると思いますか?

 

 

 

私は1つの答えとして、
モノを売ってお金を
稼いでみるべきだと
思います。

 

 

なぜかと言うと、
お金というものは、
与えた価値の分だけ、
頂けるからです。

 

 

言い換えると、
相手が喜んだ分だけ、
お金が頂けるのです。

 

 

僕はコミュ力というのは、
相手を喜ばせた上で、
行動させる力だと
思っています。

 

 

モノを売ってみるとは、

相手のニーズを探り、
本当に買って喜ぶものを
買うように行動させること。

だと思っています。

似ていると思いませんか?

 

 

 

そして、
相手がどれだけ喜んだか
確認する1つの指標が
お金になるのです。

 

 

ジュースを買って
喉を潤し、喜んだ気持ちは150円。

焼肉をおなかいっぱい食べて、
幸せで喜んだ気持ちは3000円。

 

 

パソコンを買って、
喜んだ気持ちは15万円。

家を買って喜んだ気持ちは、
3000万円なのです。

 

 

それぞれ差はあると思いますが。

よって、お金は、
相手がどれだけ
喜んだか確認する1つの
メモリであるに過ぎません。

 

 

 

あなたもモノを売って、
相手がどれだけ喜んでいるか
確認するために、

 

 

さらに、
コミュ力を上げるために、
モノを売ってみる、

と言う経験をしても、
いいかもしれませんね。

 

 

今日も明日もシーユーアゲイン
鈴木祥悟でした🙆

【シュートを打てよ、馬鹿者】

f:id:suzuki_shogo:20170228203114j:plain

あなたはシュートを
打てていますか?


スーパースターの
バイエルンぶっ倒しました。
2-1です。


みんなサッカーゲームとか
当たり前のようにやっているけど


すごいですよね。

f:id:suzuki_shogo:20170228203146j:plain


昔はサッカーなんて、
22人集めなきゃできなかったのに
今は1人でもできるんですよね。


そんなことは置いておいて、
僕はこの試合に勝ちました。


内容は終始押されていましたが、
なんとか得点が相手を上回り、
勝利の味わいを噛みしめることが
できました!


終始押されていたって、
いいんです。


大事なことは、
結果にこだわること
少ないチャンスをものに
たくさんのシュートをします。


シュートの中から、
たまたまうまくいったものが
相手のネット揺らし、
あなたの得点となります。


あなたは日頃からシュートを
打てていますか?


あなたが決めるべきところで、
パスしてしまっていませんか?


僕は、大事なところで、
いつもシュートをするように
心がけています。


どんなシュートでもいい。
打たなきゃ得点につながる
可能性はゼロになります。

f:id:suzuki_shogo:20170228203225j:plain


大切なのはより多くの
可能性を作ること。


来たるチャンスは
全てシュートをして下さい。


その中で一回でもゴールに入り、
相手のゴール数よりも、
たった一回だけでも上回れば、


勝利はあなたのものです。


最近は目の前に
シュートを打てる機会があっても
パスする人が多い気がします。


シュートってなんのためにあるんだ?


僕は打つためにあると思います。

 

次にあなたの前に、
ボールか転がってきたら、
パスではなく、シュートを打つ。


そんな機会にしたいですね。


まずは 、
「明日こそはシュートを打つぞ」


これを強く思って、
この記事を読み終えて下さい。


最後までお付き合い、
ありがとうございました!


今日も明日もシーユーアゲイン
鈴木祥悟でした。


p.s.みんなウイイレやろうよ🙆

【ワタシイガイワタシジャナイノ】

 

あなたを成長させることが
できるのはだれですか?

f:id:suzuki_shogo:20170228201406j:plain

 

 
キーマンとなる人を1人、
あげて下さい🙌

 

 
サークルの先輩?
インターン先でなってる先輩?
それとも父親、母親?

 

 
ん、だれだろう?
人それぞれだと思います。

f:id:suzuki_shogo:20170224121953p:plain

 

 

さぁ、上げることは
出来ましたか?

 

 
もしあなたが、
あなたの周りの人をあげた場合、
それは半分正解で半分不正解です。

  

 

僕が欲しかった答えは
【あなた自身】です。

 

f:id:suzuki_shogo:20170228201437j:plain

 
自分の名前をあげることは
できましたか?

 

 
あなたを成長させられる人は
残念ながらあなただけです。

 

 
他人があなたを
いくら成長させようと
思っても、

 

 
あなたが自分自身変わろうと
思わなければあなたは
成長することはありません。

 

 
先輩がいくらすごくても
あなたは自分で決断しなければ
一生成長することはできないです。

 

 
僕も先輩からこの質問を
されたときは、自分以外の人を
あげてしまいました。

 

 
そのときに同じことを言われ、
ハッとしたものです。

 

 
あなたを成長させることが
できるのはあなただけです。

 

 
それを少し考えてみて下さい。

 

 
今日も明日もシーユーアゲイン
鈴木祥悟でした🙆

f:id:suzuki_shogo:20170228201524j:plain

 

 

 

【彼女は白い服を着ている】

 

あなたは、
彼女の服が何色
だと思いますか?

f:id:suzuki_shogo:20170224121856j:plain


おそらく多くの人が
彼女の着ている服は


『黒だ!!!!!』

f:id:suzuki_shogo:20170224121953p:plain


みんな口を揃えて言うでしょう。


でも、なんで
『黒』
なんでしょうか?


それはおそらく、
今まであなたが、
彼女の着ている服の色は
『黒なんだよ!』

 


と教えられてきただけで、
あなたは勝手に彼女が着ている
服の色は『黒だ!』と
思い込んでいるだけです。

 


言うならば、
彼女のきている服の色は
黒という常識があるのです。

 


もし、『あれは白だよ』
と教えられてきたらおそらく
この黒が白に変わっていたでしょう。

 

このようにあなたは常識で
物事を考えていると思います。

 

それは悪いことではありませんが、
常識が変わる瞬間というものは
あると思います。

 

例えば、
江戸時代後期?
明治時代始め?


刀狩りによって、
お侍さんの地位や名誉が
一瞬にしてなくなったように。


また、
今の日本の企業の96%が
10年以内に潰れるという
めまぐるしい速度で
状況が変わる今日の日本。


昨日の常識が今日の常識とは
異なるとは言い切れません。

 

常識に囚われているあなたは、
この日本では時代遅れになるかも
しれませんよ?

 

【常識は、不変なものとは限らない】


一度頭の中で
唱えて見てください。


最後まで読んで下さり、
ありがとうございました!

 

今日も明日もシーユーアゲイン
鈴木祥悟でした🙆


そして、お話を聞かせてくれた
〇〇さんありがとうございました🙆

【型にハマるポンコツとハマった僕】

【ハマってる?】

 

あなたは今、何かに

ハマっていますか?

 

 

先日セミナーで

お話してきました。

f:id:suzuki_shogo:20170211214814j:plain

 

 

200人の前で話し、

スーパー緊張しました。笑

  

 

「緊張しています」

何回言ったことか笑

 

 

  

 

時代は過去に遡り、

僕は高校までサッカーに

ハマっていました。

 

 

放課後、チャイムとともに、

汗の匂いが染み付いた部室に

駆け出し、練習着に着替える。

 

 

先輩が、来る前に

大好きなグラウンドに駆け出し、

ゴールを準備し、

  

  

ボールを蹴って、

友達を当てるゲームを始め、

練習が始まるのを待つ。

 

 

練習が始まり、監督が来ると、

緊張感は一気に高まり、

今日の練習メニューに耳を澄ます。

 

 

「走り」

 

 

その言葉とともに、

声には出さないが、

全員の背中からため息が聞こえる。

 

 

そして、くっさい部室に戻り、

スパイクを脱ぎ、ランシューに

履き替える。

 

 

そのあと、すぐに監督の

「遅い、早く来い」

  

 

走ることが強制され

行きたくもない、大嫌いな

グラウンドへ、

トボトボと歩いて行く。

  

  

いつもより、

時間が流れるのが

遅い気がした。

  

  

僕は、そんな毎日を
繰り返していました。

 

 
しかし、そんな毎日が、

素晴らしく好きでした。
  

 
なんでなんだろう、

僕はずっとわかりませんでした。

 

 

部活がなくなると、
受験勉強が始まり、

 

  

大学に合格すると
サークルには入ったものの、

 

 

なんかつまらない、

そんな毎日が続いていました。

ハマっていたはずのサッカーが

楽しくなくなりました。

   
  
 
そんな自分が

ビジネスの世界に飛び込み、

初めて収益を出した時に、

   

   

 

自分がサッカーが

好きだった理由が

わかりました!

 

 

初めての収益が上がった時、

自分の周りにはそれに対して

喜んでくれる仲間がいました。

  

  

それはサッカーでも、

ビジネスでも同じでした。

  

  

自分がゴールを決めた時、

自分がファインプレーをした時、

喜んでくれる仲間がいる。

   

  

ビジネスもそれと同じで、

自分が成功した時に

喜んでくれる仲間がいる環境が

自分は好きなんだと思いました。

    

    

ビジネスってサッカーと

同じだなと思いました。

 

 

僕は今、 

仲間がいるこの環境に
ハマっています。
 

 
 
サッカーというものが

ただの僕の好きなものを

手に入れるための

手段でしかなかった

  

  

ということがわかりました。

 

 

おそらく、当時、

野球でもバスケでも、

何かしていたら、

 

 

同じようにハマっていたと

思います。

 

 

だとしたら、

サークルでサッカーが好きでは

なくなってしまった理由も

わかりました。

 

 

そのような僕のために

喜んでくれるような

アツイ仲間が

いなかったんだなと、  

  

 

 

その今の大好きな仲間と

つながっている

僕の手段がビジネスです。

 

 

あなたは何かに対して

ハマっていますか?

 

 

僕は今、ビジネスに

ハマっています。

f:id:suzuki_shogo:20170211214941j:plain

 

あなたも何かにハマってみては

いかがですか?

  

   

今日も明日もシーユーアゲイン

鈴木祥悟でした。

  

  

僕のことが気になったら

こっちも見にきてください!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

suzuki-shogo.blogspot.jp

 

 

【お前の当たり前が笑われる理由】

 

 

f:id:suzuki_shogo:20170127180521j:plain

先日、
代官山のパーティースペースの
ようなところである方の
誕生日パーティーに
招待されてきました。

 

そこで、写真を撮るときに
「ハイチーズ」

 

f:id:suzuki_shogo:20170127180223j:plain

 

「はい、次は、
みんな舌ベロを出して〜」

 

次の瞬間、場が凍りました。

 

あなたは分かりますよね?

 

実は、「舌ベロ」って
僕の地域の方言なのです。

 

僕は今まで「舌ベロ」を
共通語だと思い込んでいて、
普通に使っていました。

 

僕の地元以外の人は
「舌ベロ」のことを
「舌」「ベロ」どっちかで
言うらしいですね。。。

 

すっごく笑われました。

 

逆か...
僕たち遠州地方の人は
「舌」や「ベロ」のことを
「舌ベロ」と言います。

 

f:id:suzuki_shogo:20170127180518j:plain

知りませんでした。
自分の方言のことを僕は
知りませんでした。

 

そして、
めちゃくちゃ笑われました。

 

それはいいんですが、
僕は、同じ方言を話す仲間と
ずっと一緒にいたとしたら

 

こんな発見なかったと思います。

 

同じことは他でも言えるのでは
ないでしょうか?

 

例えば、
「日本を出ると
日本人の親切さがわかる」

 

これは、海外に
行ったことある人であれば
【あるある】ですよね?

 

日本を離れてみて初めて、
電車に乗るときに一列に並ぶ
日本人のすごさがわかる。

 

日本人の年賀状を送り返す、
礼儀正しさを学ぶ。

 

これらもずっと
「日本」でしか
生活していなかったから
分からなかったことだと
思っています。

 

それはどれも刺激的で、
何よりも新しい「自分」の発見ですね。

 

f:id:suzuki_shogo:20170127180229j:plain

それを僕は今年のテーマに
しようと思いました。

 

「新しい自分の発見」

 

それを2017年のテーマにします。
今年はたくさんの知らない人に
会っていろんなお話を聞いたりして、

 

その中で自分を発見しにいく
一年にします。

 

なのでよかったら、
あなたもいろんな人に
会ってみて下さい。

 

新しい自分を発見すると
とても気持ち良かったりしますよ?

 

今日はとりあえず、
知らない人に話しかけてみましょう!

 

何よりもあなた自身、
本当のあなたのことを
知りたくありませんか?
 
 
 
お店の店員さんに
「ありがとうございます!」

 

バイト先の話したことがない先輩に
「お疲れ様です!」

 

居酒屋のバイトの人に
「ごちそうさまでした!」

 

そんなことから
始めてみましょう!

 

今日も明日もシーユーアゲイン
鈴木祥悟でした🙆

 

www.facebook.com